債務整理自己破産違い

債務整理自己破産違いをご紹介しましょう。

 

自己破産は債務整理という借金の整理をする方法の一種です。

 

  自己破産という言葉をよく聞くと思いますが、この方法は完全に借金が免除されるということです。しかし自宅をはじめほとんどの財産を売却しなくてはいけません

 

そういったデメリットをよく知る上で自己破産という方法を行うようにするようにしましょう。

 

このような問題は、自分ひとりで悩むのではなく、弁護士や司法書士といった専門家に相談することが一番手っ取り早い解決法です。

 

こちらの「街角法律事務所」を利用すれば、あなたに合った債務整理の方法がわかります。っ無料で24時間相談に乗ってくれますのでぜひ利用してみてください。

 

自己破産サポート専門案内所

自己破産サポート専門案内所を利用してみようと思っている人、ちょっと待ってください!

 

自己破産をしなくても借金の解決法はあるかもしれません。

 

債務整理は自己破産だけではありません。任意整理や個人再生など方法はあるのです。借金の返済が苦しくてどうにもならないから自己破産をする・・・と言ったことを自分ひとりで考えるのは危険です。

 

弁護士や司法書士に相談をすれば、あなたに適した債務整理の方法を提案しくれます。自己破産をすれば、借金はゼロになるかもしれませんが、財産をすべて失ってしまいますし、ブラックリストにも載ってしまうのでしばらくは借り入れはもうできません。

 

  それに保証人がいる場合は、そちらの返済の催促が行きますのでそのあたりの責任は感じなくてはいけません。

 

一人で悩まず、まずは相談です。コチラの無料相談でアドバイスを貰いましょう。→コチラから

免責が与えられても支払わなければいけない借金

免責が与えられると借金から解放されるので、支払関係は全てゼロと考えてしまう方もいます。あまり知られていませんが、免責が認められていても支払わなければいけない借金ががある事を知っておきましょう。

■税金など

■破産者が悪意をもっておこなった不法行為に基づく損害賠償

破産者が養育者、または扶養義務者として負担しなければいけない費用(夫婦間の協力・扶助義務・婚姻費用・養育費など)破産者がわかっていながら借金一覧に載せなかった借金罰金など

■破産者がわかっていながら借金一覧に載せなかった借金

■罰金など

]これらを法律用語で非免責債権といいます。自己破産を考えている方は自己破産後の生活でも支払わなければけないものを予め把握しておきましょう。

また申告を故意にしていなかった場合の借金も自己破産後には依然と同じように支払いが継続しますので、破産申し立ての際は必ず漏れのないように借金をすべて吐き出しておきましょう。

 

自己破産を考えているなら相談はこちら【無料】