多重債務問題改善プログラム


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nao3200/savory.io/public_html/wp-content/plugins/pretty-link/pro/app/models/PlpKeyword.php on line 201

複数社の借金で悩んでいる方

複数の貸金業者から借金をしてしまい、毎月の返済のストレスから精神的にダメージを受けているならば解決する方法を考えなければいけません。これが原因で仕事にも影響を及ぼしてしまうようでは、それこそ大問題なのです。逃げ回るような生活は終わりにしたいものですよね。

 

多重債務で悩む人の多くは浪費や生活費を補うためです。また他人の借金で連帯保証人となったりして大変な思いをしている人もいます。

一人で悩んでいても状況が悪化するだけで何も解決しません。弁護士や司法書士へ依頼すれば業者からの取り立てを止める事ができます。また、払いすぎた利息が戻ってくる可能性があるのです。

相談や依頼をするのが恥ずかしいとは思わないでください。早目に対処しない方が後々苦しむ事になってしまいます。

 

一日も早く借金生活から脱出しよう
長期間放置していると一括請求がくる場合があるので、それだけは避けたいですよね。そうなる前に相談しましょう。きちんと段階を踏めば、意外とスムーズに解決するものです。

 

どこで相談すればいいのか分からないという人は身近な市役所でクレジット会社や消費者金融からの借金の相談ができます。

また、広告やテレビCMで流れている事務所も無料で相談できます。逆に聞いた事のない名前の事務所へは安易に相談へ行かない方がいいです。中には悪質な事務所も存在するので、きちんと見極める事が大切です。

 

借金取り立て

 

借金の取り立ては家族にまで影響

最初は数万円しか借りていなかったのに、毎月支払えると思っていた金額が突然のリストラで支払が滞るようになり、そして家族には内緒で借りていたのにもかかわらず、当然の事ながら督促状や電話がくるようになった人は夜も眠れない日々が続いていると思います。例え、金融会社は個人名で電話をかけてきても、分かってしまうものです。このまま放置しておくとヤミ金ではなく消費者金融でも身なりは普通のスーツ姿ですが、自宅まで営業マンのような感じで訪問に来る事になります。

 

お金を支払わないで放置している方が悪いのですが、当然のように消費者金融でも自宅まで取り立てに来るのです。怖い取り立てではなく、とても親切な感じで接してはきますが、やはり近所の目や家族に迷惑がかかるのは避けたいものですよね。しかし、本当に手持ちのお金もないし、こういう時はどうすればいいのだろうかと考えてしまいます。

 

そういった人は一人で悩まないで任意整理の手続きを進めたほうがいいです。消費者金融などでは利息制限法で決められた利息を超えたグレーゾーン金利である場合が殆どなので、再計算をすると借金の総額を減らすことができるのです。

そして、借りた金額にもよりますが3年~5年で返済するようになります。また、取り立てで怯える事もなくなります。その理由は、弁護士や司法書士に依頼をする事で委任した事になるからです。

 

一番気になるのがブラックリストに載るかどうかなのですが、正式にはブラックリストというよりは信用情報機関に事故情報として登録されることになるのです。

 

依頼をしたくても、すぐにお金を用意できない場合は分割して支払をする事も可能なので相談しなければ前には進みません。

無料法律相談

 

サラ金返せない

多額の借金をかかえている人の原因は人それぞれなのですが、一人で悩んでいないで利息を最小限にとどめて、これからの人生を平和に過ごす為には解決策を考えなければなりません。

 

しかし、いざ相談といってもどうしたらいいのか分からない人が大半だと思います。そんな人の為に無料法律相談を実施している所があります。

 

この無料相談なのですが、ネットなどの口コミをあまり信用してはいけません。なかには悪質な業者も存在するからなのです。

 

通常は相談料だけでも5,000円は必要になります。ただ、信用できるところもあるのですが、皆さんがよく利用する市役所です。完全予約制にはなるのですが、都道府県によって相談時間は様々なのですが平均して30分間無料で弁護士さんに相談する事ができるのです。

 

多重債務の解決方法について
債務整理には任意整理、特定調停、個人版民事再生、自己破産の4つの方法があります。

 

それぞれについて説明します。

任意整理・・・話し合いにより借金を整理する方法です。つまり、裁判所を通さないで債権者と弁護士の間で今後の返済方法について和解。

特定調停・・・金銭債務を負っていて経済的に破産するおそれのある人をいうのですが、裁判所が債権者と債務者の間に立ち、利害関係を調整。

個人版民事再生・・・裁判所が認可した再生計画に基づいた債務を返済。この手続きでは家をなくすことはありません。

自己破産・・・裁判所を通じて債務の支払を免責。(借金を免除してもらう事)

 

一人で悩みを抱えてしまうのが一番よくないので前向きに解決向けて頑張るしかないのです。