忘れてはならない過払い金相談

過払い金相談

最初はお金に困って、すぐにでも返せると思って借りたつもりが返せなくなり、自分が悪いと思いながらも金融会社からかかってくる電話を無視した結果、毎日のように電話や督促状が届き、どうしたらいいのか分からなくなっているのならば何か解決策を考えなければなりません。

 

相談できるところで過払い金の相談ができるところを探してみるのも一つの方法で、このままだと家族にまで迷惑をかけてしまうかもしれないので早期解決をする事をおすすめします。

 

その中で、相談する事において質問が多い内容をまとめてみました。

 

自分で解決するよりも弁護士などに相談する方がいいのは何故ですか?
自分自身で行動すると、何かと時間と労力がかかってしまいます。専門的な知識もないのに無理はしない事です。弁護士などに依頼する事によって過払い金返還を求めたりなど、一人では難しい事でも解決できるのです。また、貸金業者と交渉したり裁判を申し立てて出頭する手間を省く事もできるのです。

 

どうしても自分で業者側と交渉したいのですが、無理に弁護士に依頼しなくても大丈夫なような気がするのですが?
難しいところですが、大手の金融会社なら勉強したうえで交渉すれば何とか解決する人もいるのですが、中小の金融会社や闇金の場合には、自分で請求しても取引履歴というものをまともに提出しないというような対応をとられて何の解決もしないまま泣き寝入りしてしまうケースもあるようです。

 

弁護士に依頼するのと行政書士に依頼するのとでは何が違うのでしょうか?
過払い金の相談は弁護士か司法書士に相談するのが良いかと思います。しかし、司法書士の場合は140万円を超える過払い金の返還を裁判所で請求する代理権が認められないので、制限のない弁護士が一番です。一方で行政書士は法律行為となる代理権が全くないので違法行為となります。従って、行政書士に依頼する事はできないのです。

 

特に専門知識のない人は一人で色々と考えていても答えが出ないので、専門家に相談する事です。

 

パチンコ依存症治し方

 

パチンコ依存症特徴

毎日パチンコへ行き、このままではいけないと思いながらも行かないと落ち着かなくなってしまいますよね。パチンコ依存症になる人の特徴として、家庭や職場での人間関係でうまくいかなくてストレス発散のために利用している人が多いのです。また、30歳から40歳代の人が最も多い傾向にあります。

 

パチンコ依存症治し方があればいいのにと日々悩んでいる人もいると思います。この病気は精神疾患のひとつなので、一歩間違えると常識では考えられない行動を起こしてしまう人もいるのです。

 

例えば小さな子供を真夏に車内に残したままパチンコをしてしまうような事件が多発しているのは、この病気だからなのです。

 

また、パチンコの資金を調達するのに借金をしていると、これもまた問題です。毎日、お金が増えるわけではないので、弁護士や司法書士に相談するなどして考えないと大変な事になってしまいます。

 

ギャンブルで何もかもが破綻してしまうのはもう嫌ですよね。家族と楽しい会話や愛する子供の事を考えると辛くなるばかりです。

 

不幸のどん底まで落ちても、あとは這い上がっていくだけです。そこから落ちる事はもうありません。

 

一刻も早く負のスパイラルから抜け出して下さい。