多重債務相談キャンペーン2015

多重債務相談キャンペーン2015によると、多重債務の方はおまとめローンをすればよいと思っている方がいるようです。

 

しかし、おまとめローンにも審査があり誰でも利用できると言うことではありません。

 

そうなってくると、借金の整理「債務整理」をする必要があります。

 

債務整理と聞くと自己破産か・・・と思っている方もいるかもしれませんが、債務整理は自己破産だけではないのです。様々な解決法がありますので、やはり専門家に相談することが一番だと思います。

 

専門家に支払う費用もかかると思いますが、それ以上にカードローン生活を続けることにより生活自体が苦しく破綻してしまうことのほうが恐ろしいのです。

 

借金のことは専門家に任せることをおすすめします。

 

まずは、コチラの無料・匿名相談を利用してみてください

主婦が陥りやすい多重債務から簡単に脱出するタイミング

主婦が借金することは珍しいことでもありません。明るみにでていないだけの事です。ママともに借金してるんだーと自分から言う人もまずいませんので、明るみに出る事は少ないものの、その数は年々増えているといわれています。

街角法律相談所に相談される方も女性が増えています。しかし、相談できている方はラッキーです。相談して解決の道を歩み始めているからです。

イラストしかしほとんどの方は必至になって借金返済で頭がいっぱいになっている事でしょう。しかし、法律事務所にできるだけ早く相談した方がいいということを知っていますか?一生懸命返済することはとても大切なことですが、債務整理を知らずにただ返済するだけでは最善の方法ではありません。

 

債務整理には任意整理、個人制裁、自己破産など種類があります。

任意整理の時点で債務整理すると傷も浅く、家族に内緒で債務整理ができる段階です。しかし、人によってまた返済できる額によって債務整理の方法が住人十色。一概に借金がいくらだから自己破産とも言い切れないのが債務整理です。

しかし、早く債務整理したほうがいいのは確かです。家族に迷惑をかけたくないしと思ってるなら無料相談で自分の借金について返済するだけの生活を変えてみませんか?

 

SOS借金が返せなくてうつになりました

借金返済しないとと思っていますが、体の調子が悪く返済の気力がわかないまま延滞を繰り返しています。返済しなければいけないと思う一方で、もう返済しなくてもいいのでは?とか、このまま死ねたら楽だろうなと考えるように気持ちが変化してきています。

もともと真面目な生活の方が借金生活が長引くとうつ病になるケースがあり、引きこもりで病院にもいかず精神的な病を患ってしまうことが増えてきています。イラスト

家族と同居ならまだしも単身の場合は、その変化に気づく人もおらず、一歩間違えれば精神的な病からくる自殺の危険性あるので、十分注意が必要ですが、本人はそれに気づかないことが殆どです。返済意欲を喪失してしまうと、返済はおろか日常の生活にも影響を及ぼしてきます。

まずは借金返済のプレッシャーで鬱かもと思ったら病院に行くのと同時進行で債務整理の相談を必ず受けてください。そうしないとうつ病が進行してしまった先には自殺を試みる人が少なからずいるからです。

金がないから病院にいけないと思う前に債務整理で事務所に相談すると病院費用など回復に向けて全力で相談にのってくれるので、今すぐ相談しましょう。

 

返済意欲がなくなったら要注意!債務整理はこちらから無料相談

 

 

 

多重債務ブラック

イラスト

多重債務ブラックでも融資可能な消費者金融を探しています。しかし試しに申し込んだら審査に落ちてしまいました。どこかで借りないと今ある借金が返せない状態です。借金返済のためなら闇金で借りるのもやむを得ないと考えています。

多重債務やブラックでも融資可能な消費者金融は普通に探しても見つかりません。見つけてもその会社が営業登録していない会社の可能性もあります(ヤミ金の可能性)こうなると、借金を返せるどころか完済を阻止され取引が長引くなる可能性があるので、ヤミ金から借金するのは控えましょう。

イラスト

最近の闇金の手口は、あたかも登録業者のように装って違法営業をしていることです。一見闇金とはわかりません。これを見抜くのは簡単ではなく、債務整理の相談に来られて初めて闇金だと知る方も大勢いる程です。

借金返済のための借金は身を滅ぼすだけです。どのみち最終的には返済不能になってしまうことが最初からわかっているので闇金に手を出す前に債務整理することが一番早い解決策となります。

 

→債務整理の無料相談はこちら

 

 

 

 

主婦のパチンコ依存症

イラスト最近ではスーパーなどと同様にパチンコ店でも女性向けのサービスが充実している事から女性のパチンコ依存症が増加している傾向にあります。主に30代~40代の主婦に多く、家庭でのストレスが原因だとされていて、脳科学を専門としている医師によるとパチンコをする事によって快楽を得られる時点で重病のようです。パチンコだけではなく、毎日買い物に行くのも危ない症状といえます。

ギャンブルは無計画な出費の代表ともいえる

パチンコなどのギャンブルが原因で家庭が崩壊したりなどの様々な影響を及ぼします。

そしてギャンブルをする事によって借金に手を染めてしまうのです。しかし、勝てると思っているパチンコは勝てるわけではないので、お金が減っていくばかりの悪循環なのです。

最近のパチンコやスロットは殆どが液晶になっているので、ゲーム感覚でのめり込むようにできています。そこが落とし穴なのです。

 

借金がありすぎて返せない
ギャンブルで膨れ上がった借金をなんとかしたいと思いませんか?借金に関しての専門家に相談する方法があるのですが、ただでさえお金がないのに相談できない・・・と思っている人もいるかもしれませんが、無料で相談してくれるところもあります。

簡単審査

簡単審査には裏があるかもしれません

キャッシングやカードローンの審査は簡単で甘い方が借りやすくて好都合だと思う人もいるかもしれませんが、そこには悪徳業者もいる場合が多いので注意が必要です。法外利息で融資をし、少しでも返済が遅れると、脅しのかかった取り立てをする業者が未だに存在するのです。銀行は低金利ですが、その分審査が厳しいです。一方で消費者金融は金利が高めですが、銀行と提携している大手は安心できるのですが、闇金まがいのところもあるので注意が必要です。しかし、大手の銀行や消費者金融で審査に通らずに、やむを得ず審査が甘いという言葉に飛びつき、後々苦しむようになる人が後をたちません。

 

貸金業法(総量規制など)の改正によって複数社からの借入がある人は改正前よりもお金を借りる事が難しくなっています。もし、「これは、どう考えてもおかしい」と思うような所で契約をしているのなら、法律の専門知識のある機関に相談するのもいいかもしれません。

 

悪徳業者のいいなりにならない事
現在被害にあっているのなら、焦らない事です。相手の言われるがままにお金を支払う必要もないし、もちろん逃げる必要もありません。専門家に相談をする事で今までに自宅や勤務先にまで取り立てにきていたのなら、それをストップする事ができます。それにより精神的にも楽になりますよ。

 

 登録番号の提示があるからといって安心はできません。

貸金業者を行う場合には、国や都道府県知事に登録の申請をして認可されなければ営業はできないのですが、悪徳業者の中には何回も名前を変更して登録と抹消を繰り返し、架空の登録番号を提示しているところがあります。

金融庁のホームページで正規登録業者であるかを確認する事ができます。

 

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症は心の病気

ギャンブルをやめたくてもなかなか止められずに、分かってはいるもののどうしてもパチンコなどの賭け事をしたくて借金をしてしまう人がいるようです。そういう人に限って、銀行や大手消費者金融でお金を借りる事ができないので闇金に走り、最終的には支払が困難になり毎日怯えるような生活をしている人もいます。1度でもギャンブルで勝ったら、その記憶が消えなくてゲーム感覚でギャンブルにのめり込んでしまうのです。

ギャンブル依存症に陥ってしまう人は次のような特徴があります。

 家庭や職場でストレスがあり、現実逃避をしたいと思うような人

 普段は真面目で若い頃から派手な遊びをした経験がない人

 一応友達はいるが上辺だけの付き合いで親友と呼べる人がいない人

 

ギャンブル依存症になると脳の機能が低下してしまうのです。その為に自分の意志ではギャンブル依存症から抜け出す事ができなくなってしまいます。

そして、依存症になると本人にととまらず、家族も巻き込んでしまうのです。

 

解決策はあります
自分はこのままではいけないと思うのなら、まずは精神科医に診てもらう事がいいかもしれません。

これは自分自身の為でもあり、家族の為でもあるので決して恥ずかしい事ではありません。また、ギャンブルをしたせいで作ってしまった借金の事も考えているのなら返済できないから放置しておくのではなく、弁護士や司法書士に相談をする方法もあります。

事務所によって様々ですが、相談料が要らないところもあります。もしも、その借金が闇金であるのならば闇金を専門的に扱っている事務所もあり、依頼をしたら自宅への取り立てはなくなります。

気持ちを楽にする為にも行動に移す事を考えるのもいいかもしれませんよ。

闇金相談救済経験豊富

 一般的に闇金とは、知名度のある消費者金融等でお金を借りる事が出来なくなった多重債務者や破産手続きをした人に対して法で定められている金利をはるかに超える高金利で貸付をする金融庁に登録をしていない貸金業者の事で架空請求や闇金の法外な金利で脅しのかかった取り立てが社会問題となっているのです。闇金から脅迫を受けたり、執拗な電話攻撃があった場合でも怯える事はありません。

 

悩みを解決できるところがあります
よくCMで見かける法律事務所で解決する事ができるのですが、闇金問題に力を入れているところがいいと思います。殆どのところは相談は無料となっていてメールでも相談が可能です。

法律事務所によっては異なるのですが、闇金問題はもちろんの事、借金問題も含めると約5,000件を超える程、解決をしているところもあり、実績があるのです。

そして満足度も高いので沢山の人が苦しみから救済されています。依頼をすると今までの取り立てが嘘のように止まります。

相談に関しては無料でも後々の費用が気になると思います。法律事務所によっては後払いや分割での支払いにも応じてくれるので諦める事はありません。

 

 ネットで検索をすると専門の法律事務所が沢山出てきます。一人で悩むよりは行動に移す事が大切です。

闇金の問題を専門的に扱っているところは、同じような悩みを抱えた人を救済してきたプロですので力になってくれる事でしょう。

 

法律相談センター

多重債務の悩み

返済しきれない程の借金を抱えてしまう「多重債務者」が現在でも増え続けているのですが、多重債務を解決するためには一人で悩まない事です。借金の問題は必ず解決できるのです。借金の悩みがあれば、楽しい事があっても集中できません。返済日は毎月やってきます。お金の工面ができないからといって放置しておくわけにもいかないのです。

 

知り合いに弁護士や司法書士がいなくて誰に相談したらいいのか分からない場合は、各都道府県の法律相談センターへ問い合わせてみるのもいいかもしれません。

利息制限法という法律で、貸金の利息は元金に応じて15%~20%に制限されているのですが、過去や現在に借入や返済をした履歴があるのであれば債務の額が減額されたり、場合によってはお金が返ってくるかもしれません。

 勤務先に知られずに債務整理を行いたいという人が多いのですが、債務整理の手続きの段階で会社に知られる事はないので安心していいでしょう。

 

弁護士や司法書士に動いてもらわないと不安ですが、しかしお金がかかってしまうので相談するのを諦める人もいますが、法律扶助を受けて弁護士費用を立て替えて貰える制度があり、「法テラス」などへ問い合わせてみてはどうでしょうか?

また、いきなり一括払いは難しいので分割払いでも大丈夫な弁護士事務所もあるので何でも自分で判断しないようにする事が大切です。

取り立て屋

 

取り立て屋は怖くない

取り立て屋が原因で借金で苦しんで精神的に追い詰められて自殺を図ったり、毎日怯えている人もいるのですが悪質な取り立てには、それなりに立ち向かっていかなければなりません。また、脅したりするのは相手を見ての事で、殆どの人は自分が借金を遅延している為に申し訳ない気持ちになります。取り立て屋は怖くはありません。なぜなら法律に違反しているので、そこは冷静になって、取り立て屋に「法律違反な事をしていますよね?」などと対応しましょう。

 

取り立て屋から頻繁に電話がかかってきます。どうすればいいですか?自宅に来るかもしれないと思うと不安で眠れません。
違法な取り立てが問題になっていますが、平穏を害する取り立て行為を禁止した貸金業法21条に違反します。そして、自宅まで訪問する事は更に禁止規定に違反する恐れが大きいのです。このような場合は消費生活センターや専門の弁護士や司法書士に相談するのがいいかもしれません。
違法な取り立てをやめさせる方法は何かありますか?
貸金業の規制などに関する法律違反として財務省か各都道府県の指導課に相談をし、業務停止や貸金業者として登録取り消しの行政処分を求める方法もあります。あまりにもひどい時は警察に通報して、明らかに違反であるような取り立てはやめるように言ってもらいましょう。

 

悪い方向に考えない事が大切です
警察がきても、なかなか応じない悪徳業者もいるのですが、最終的には違法な取り立てをしている方が不利になるのです。立ち去るように求めても応じない場合は、不退去罪で、悪質な取り立て行為は不法行為い基づく損害賠償を求める事ができるのです。