簡単審査

簡単審査には裏があるかもしれません

キャッシングやカードローンの審査は簡単で甘い方が借りやすくて好都合だと思う人もいるかもしれませんが、そこには悪徳業者もいる場合が多いので注意が必要です。法外利息で融資をし、少しでも返済が遅れると、脅しのかかった取り立てをする業者が未だに存在するのです。銀行は低金利ですが、その分審査が厳しいです。一方で消費者金融は金利が高めですが、銀行と提携している大手は安心できるのですが、闇金まがいのところもあるので注意が必要です。しかし、大手の銀行や消費者金融で審査に通らずに、やむを得ず審査が甘いという言葉に飛びつき、後々苦しむようになる人が後をたちません。

 

貸金業法(総量規制など)の改正によって複数社からの借入がある人は改正前よりもお金を借りる事が難しくなっています。もし、「これは、どう考えてもおかしい」と思うような所で契約をしているのなら、法律の専門知識のある機関に相談するのもいいかもしれません。

 

悪徳業者のいいなりにならない事
現在被害にあっているのなら、焦らない事です。相手の言われるがままにお金を支払う必要もないし、もちろん逃げる必要もありません。専門家に相談をする事で今までに自宅や勤務先にまで取り立てにきていたのなら、それをストップする事ができます。それにより精神的にも楽になりますよ。

 

 登録番号の提示があるからといって安心はできません。

貸金業者を行う場合には、国や都道府県知事に登録の申請をして認可されなければ営業はできないのですが、悪徳業者の中には何回も名前を変更して登録と抹消を繰り返し、架空の登録番号を提示しているところがあります。

金融庁のホームページで正規登録業者であるかを確認する事ができます。

 

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症は心の病気

ギャンブルをやめたくてもなかなか止められずに、分かってはいるもののどうしてもパチンコなどの賭け事をしたくて借金をしてしまう人がいるようです。そういう人に限って、銀行や大手消費者金融でお金を借りる事ができないので闇金に走り、最終的には支払が困難になり毎日怯えるような生活をしている人もいます。1度でもギャンブルで勝ったら、その記憶が消えなくてゲーム感覚でギャンブルにのめり込んでしまうのです。

ギャンブル依存症に陥ってしまう人は次のような特徴があります。

 家庭や職場でストレスがあり、現実逃避をしたいと思うような人

 普段は真面目で若い頃から派手な遊びをした経験がない人

 一応友達はいるが上辺だけの付き合いで親友と呼べる人がいない人

 

ギャンブル依存症になると脳の機能が低下してしまうのです。その為に自分の意志ではギャンブル依存症から抜け出す事ができなくなってしまいます。

そして、依存症になると本人にととまらず、家族も巻き込んでしまうのです。

 

解決策はあります
自分はこのままではいけないと思うのなら、まずは精神科医に診てもらう事がいいかもしれません。

これは自分自身の為でもあり、家族の為でもあるので決して恥ずかしい事ではありません。また、ギャンブルをしたせいで作ってしまった借金の事も考えているのなら返済できないから放置しておくのではなく、弁護士や司法書士に相談をする方法もあります。

事務所によって様々ですが、相談料が要らないところもあります。もしも、その借金が闇金であるのならば闇金を専門的に扱っている事務所もあり、依頼をしたら自宅への取り立てはなくなります。

気持ちを楽にする為にも行動に移す事を考えるのもいいかもしれませんよ。

闇金相談救済経験豊富

 一般的に闇金とは、知名度のある消費者金融等でお金を借りる事が出来なくなった多重債務者や破産手続きをした人に対して法で定められている金利をはるかに超える高金利で貸付をする金融庁に登録をしていない貸金業者の事で架空請求や闇金の法外な金利で脅しのかかった取り立てが社会問題となっているのです。闇金から脅迫を受けたり、執拗な電話攻撃があった場合でも怯える事はありません。

 

悩みを解決できるところがあります
よくCMで見かける法律事務所で解決する事ができるのですが、闇金問題に力を入れているところがいいと思います。殆どのところは相談は無料となっていてメールでも相談が可能です。

法律事務所によっては異なるのですが、闇金問題はもちろんの事、借金問題も含めると約5,000件を超える程、解決をしているところもあり、実績があるのです。

そして満足度も高いので沢山の人が苦しみから救済されています。依頼をすると今までの取り立てが嘘のように止まります。

相談に関しては無料でも後々の費用が気になると思います。法律事務所によっては後払いや分割での支払いにも応じてくれるので諦める事はありません。

 

 ネットで検索をすると専門の法律事務所が沢山出てきます。一人で悩むよりは行動に移す事が大切です。

闇金の問題を専門的に扱っているところは、同じような悩みを抱えた人を救済してきたプロですので力になってくれる事でしょう。

 

法律相談センター

多重債務の悩み

返済しきれない程の借金を抱えてしまう「多重債務者」が現在でも増え続けているのですが、多重債務を解決するためには一人で悩まない事です。借金の問題は必ず解決できるのです。借金の悩みがあれば、楽しい事があっても集中できません。返済日は毎月やってきます。お金の工面ができないからといって放置しておくわけにもいかないのです。

 

知り合いに弁護士や司法書士がいなくて誰に相談したらいいのか分からない場合は、各都道府県の法律相談センターへ問い合わせてみるのもいいかもしれません。

利息制限法という法律で、貸金の利息は元金に応じて15%~20%に制限されているのですが、過去や現在に借入や返済をした履歴があるのであれば債務の額が減額されたり、場合によってはお金が返ってくるかもしれません。

 勤務先に知られずに債務整理を行いたいという人が多いのですが、債務整理の手続きの段階で会社に知られる事はないので安心していいでしょう。

 

弁護士や司法書士に動いてもらわないと不安ですが、しかしお金がかかってしまうので相談するのを諦める人もいますが、法律扶助を受けて弁護士費用を立て替えて貰える制度があり、「法テラス」などへ問い合わせてみてはどうでしょうか?

また、いきなり一括払いは難しいので分割払いでも大丈夫な弁護士事務所もあるので何でも自分で判断しないようにする事が大切です。

取り立て屋

 

取り立て屋は怖くない

取り立て屋が原因で借金で苦しんで精神的に追い詰められて自殺を図ったり、毎日怯えている人もいるのですが悪質な取り立てには、それなりに立ち向かっていかなければなりません。また、脅したりするのは相手を見ての事で、殆どの人は自分が借金を遅延している為に申し訳ない気持ちになります。取り立て屋は怖くはありません。なぜなら法律に違反しているので、そこは冷静になって、取り立て屋に「法律違反な事をしていますよね?」などと対応しましょう。

 

取り立て屋から頻繁に電話がかかってきます。どうすればいいですか?自宅に来るかもしれないと思うと不安で眠れません。
違法な取り立てが問題になっていますが、平穏を害する取り立て行為を禁止した貸金業法21条に違反します。そして、自宅まで訪問する事は更に禁止規定に違反する恐れが大きいのです。このような場合は消費生活センターや専門の弁護士や司法書士に相談するのがいいかもしれません。
違法な取り立てをやめさせる方法は何かありますか?
貸金業の規制などに関する法律違反として財務省か各都道府県の指導課に相談をし、業務停止や貸金業者として登録取り消しの行政処分を求める方法もあります。あまりにもひどい時は警察に通報して、明らかに違反であるような取り立てはやめるように言ってもらいましょう。

 

悪い方向に考えない事が大切です
警察がきても、なかなか応じない悪徳業者もいるのですが、最終的には違法な取り立てをしている方が不利になるのです。立ち去るように求めても応じない場合は、不退去罪で、悪質な取り立て行為は不法行為い基づく損害賠償を求める事ができるのです。

個人再生

最初は気軽な気持ちでサラ金からお金を借りたけど、給料を減らされて返済ができなくなり放置してそのままにしていたら自宅に督促状が届いたり電話がなったりして、家族にはバレてしまうしノイローゼになってしまうケースの人も意外と多いのではないでしょうか?また、せっかくマイホームを購入したのにローンが払えないなどのケースも増加しています。

借金を返済するのが困難になった

借金が返済できない場合いは法律の専門家に依頼するといいでしょう。借金を整理する事を債務整理といいますが、様々な方法があります。

「任意整理」「個人再生」「自己破産」ですが、これ等を実行するには専門家と相談をして返済できない状況に合わせて、方法を選ぶ必要があります。特に住宅ローンがある人は個人再生を選択すればいいでしょう。

個人再生の場合、住宅を残して、借金を大幅に減額して支払う方法で、1/5程度減額してもらえ、返済期間は3年を目安とします。

自己破産を選んでしまったら財産は何もかも没収となってしまうので避けた方がいいです。

 

個人再生について
 車を残す事はできますか?

 車をローンで購入して、現在もローンが残っている場合は完済するまではローン会社に所有権があるので引き揚げられる可能性はありますが、完済しているのなら原則として処分される事はありません。また、車の場合は価値が高いので財産扱いになります。その為に残す事は困難な場合もあります。

 

個人再生を認可した後に返済が難しくなってしまったら、最長2年の弁済期間延長を申し立てる事が可能となっていますが、弁済の総額を変更する事はできません。

しかし、どうしても返済が困難になった場合は条件があるのですが、残債務の免責を申し立てる事ができます。

早目に弁護士や司法書士に相談しない事には、解決しません。悩む時間があれば行動に移してください。

大阪闇金相談

 

きちんとした知識があれば闇金なんて恐れる事もない
仕事も手につかず、夜も眠れないくらいに日々、お金の事で悩んでいるのなら不安を消し去る事です。そもそも、なぜ闇金のようなところで借りてしまったのか・・・反省すべきです。

 

 そもそも闇金は出資法に違反した違法な金利で貸付をするところなのです。あまりにも取り立てが酷い場合は警察に通報する事です。

 

大阪で闇金相談したい

ブラックや多重債務に陥り、どうしても返済が追い付かず闇金でお金を借りる事になってしまった方は、もう限界のところまできているのではないでしょうか?昔に比べると闇金業者もかなり減ってきてはいますが、現在でもなくならないのが問題です。大阪でも闇金の被害が未だに増加していて、お金に困っている人の弱みにつけこんで、審査が甘いとか誰でも借りられるといった事を謳って、法外な金利でお金を貸しているのです。

 

職場や家族にまで影響を及ぼす今の状況から被害が更に申告になる前に、早急に大阪闇金相談してくれるところを探さなければいけません。

経済的な面だけではなく、精神的にもズタズタになってしまうので中には自殺をしてしまう人もいるのですが勇気をもって相談する事で悩みは軽減され、必ず解決します。

様々なところで弁護士や司法書士による無料相談を行っているので相談料を気にするよりも、まずは行動にうつさないと何も始まらないです。

 

 大阪警察署、大阪弁護士会などではホームページ上で注意事項等の内容を掲載しています。

 法テラス、大阪いちょうの会ではサラ金やクレジット被害の相談の他に闇金相談も行っています。

 

早目の相談があなたの未来を変えるのです。

ヤミ金相談

 

闇金被害にあった時の解決策

借りる前は対応が普通だったので、安心して利用していたのに突然、業者側の態度が急変して不思議に思っていたら、そこはヤミ金だったというようなケースはよくあります。逆に、大手では借りれなくて、承知のうえで借りてしまった、というような人も実際にいるのです。

 

利子が高くて、もう払えない
警察に電話をしたり被害届を出すという方法もあるのですが、警察も場合によっては対処してもらえないかもしれません。それが弁護士になると態度が一変します。しかし、相談するのにはお金が必要になるのですが、無料で相談にのってくれるところもあるのです。また、払い過ぎた利息が戻ってくるかもしれません。

 

とにかく、家族や勤務先へ取り立ての電話がかかってきているなら一刻も早くヤミ金との縁を切る為に専門家に相談するしかありません。

殆どのヤミ金は警察よりも専門家である弁護士や司法書士を恐れます。今の状況が悪化しない為にも考えなければならないのです。

 

忘れてはならない過払い金相談

過払い金相談

最初はお金に困って、すぐにでも返せると思って借りたつもりが返せなくなり、自分が悪いと思いながらも金融会社からかかってくる電話を無視した結果、毎日のように電話や督促状が届き、どうしたらいいのか分からなくなっているのならば何か解決策を考えなければなりません。

 

相談できるところで過払い金の相談ができるところを探してみるのも一つの方法で、このままだと家族にまで迷惑をかけてしまうかもしれないので早期解決をする事をおすすめします。

 

その中で、相談する事において質問が多い内容をまとめてみました。

 

自分で解決するよりも弁護士などに相談する方がいいのは何故ですか?
自分自身で行動すると、何かと時間と労力がかかってしまいます。専門的な知識もないのに無理はしない事です。弁護士などに依頼する事によって過払い金返還を求めたりなど、一人では難しい事でも解決できるのです。また、貸金業者と交渉したり裁判を申し立てて出頭する手間を省く事もできるのです。

 

どうしても自分で業者側と交渉したいのですが、無理に弁護士に依頼しなくても大丈夫なような気がするのですが?
難しいところですが、大手の金融会社なら勉強したうえで交渉すれば何とか解決する人もいるのですが、中小の金融会社や闇金の場合には、自分で請求しても取引履歴というものをまともに提出しないというような対応をとられて何の解決もしないまま泣き寝入りしてしまうケースもあるようです。

 

弁護士に依頼するのと行政書士に依頼するのとでは何が違うのでしょうか?
過払い金の相談は弁護士か司法書士に相談するのが良いかと思います。しかし、司法書士の場合は140万円を超える過払い金の返還を裁判所で請求する代理権が認められないので、制限のない弁護士が一番です。一方で行政書士は法律行為となる代理権が全くないので違法行為となります。従って、行政書士に依頼する事はできないのです。

 

特に専門知識のない人は一人で色々と考えていても答えが出ないので、専門家に相談する事です。

 

パチンコ依存症治し方

 

パチンコ依存症特徴

毎日パチンコへ行き、このままではいけないと思いながらも行かないと落ち着かなくなってしまいますよね。パチンコ依存症になる人の特徴として、家庭や職場での人間関係でうまくいかなくてストレス発散のために利用している人が多いのです。また、30歳から40歳代の人が最も多い傾向にあります。

 

パチンコ依存症治し方があればいいのにと日々悩んでいる人もいると思います。この病気は精神疾患のひとつなので、一歩間違えると常識では考えられない行動を起こしてしまう人もいるのです。

 

例えば小さな子供を真夏に車内に残したままパチンコをしてしまうような事件が多発しているのは、この病気だからなのです。

 

また、パチンコの資金を調達するのに借金をしていると、これもまた問題です。毎日、お金が増えるわけではないので、弁護士や司法書士に相談するなどして考えないと大変な事になってしまいます。

 

ギャンブルで何もかもが破綻してしまうのはもう嫌ですよね。家族と楽しい会話や愛する子供の事を考えると辛くなるばかりです。

 

不幸のどん底まで落ちても、あとは這い上がっていくだけです。そこから落ちる事はもうありません。

 

一刻も早く負のスパイラルから抜け出して下さい。