ローン返せない

もう払えない

銀行、消費者金融、クレジット会社から借金をしたものの、最初は「この位なら返せるから大丈夫だ」と決意したのにもかかわらず返済ができなくなってしまい放置してしまった・・・このような人は放置してはいけません。信用がなくなってしまうからです。そして何よりも精神的に辛くはありませんか?

借金を1ヶ月位、そのままにしているのですが、やっぱり不安です
返済日を過ぎているのに、一切連絡もしないでそのままにしていると、そのうちに金融会社の担当者が訪問にくるかもしれません。法律上、債権者が訪問をする事は禁止されていないのです。時間や訪問内容を守っていれば問題がありません。ですから一般的に言われている「取り立て」とは異なります。
先日、督促状がきて家族に聞かれたのですが、適当にごまかしました。支払わないのが悪いのは分かっているのですが、督促状を止める方法はありますか?
まず、督促状が届くという事は連絡もしていないという事ですよね?自業自得ですが、家族に問い詰められるのは非常に辛いものです。督促状を止める対処法はあります。弁護士に依頼する方法なのです。依頼をする事で督促状も電話連絡も止める事ができます。
弁護士費用が気になるので相談する事に戸惑いを感じます
相談を無料で行っているところが多いのと、依頼するにあたっての費用ですが分割払いや後払いの相談もしてくれるので安心できます。また、払いすぎた利息が戻ってくることもあるので、考えてみてはいかかがでしょうか?

主婦のパチンコ依存症

イラスト最近ではスーパーなどと同様にパチンコ店でも女性向けのサービスが充実している事から女性のパチンコ依存症が増加している傾向にあります。主に30代~40代の主婦に多く、家庭でのストレスが原因だとされていて、脳科学を専門としている医師によるとパチンコをする事によって快楽を得られる時点で重病のようです。パチンコだけではなく、毎日買い物に行くのも危ない症状といえます。

ギャンブルは無計画な出費の代表ともいえる

パチンコなどのギャンブルが原因で家庭が崩壊したりなどの様々な影響を及ぼします。

そしてギャンブルをする事によって借金に手を染めてしまうのです。しかし、勝てると思っているパチンコは勝てるわけではないので、お金が減っていくばかりの悪循環なのです。

最近のパチンコやスロットは殆どが液晶になっているので、ゲーム感覚でのめり込むようにできています。そこが落とし穴なのです。

 

借金がありすぎて返せない
ギャンブルで膨れ上がった借金をなんとかしたいと思いませんか?借金に関しての専門家に相談する方法があるのですが、ただでさえお金がないのに相談できない・・・と思っている人もいるかもしれませんが、無料で相談してくれるところもあります。

弁護士無料相談

借金の返済ができない

計画通り返済をするはずだったのに、気が付いたら借金が膨れあがり、毎月の給料を全部借金の返済にあてにしていたら生活ができないので、どうする事もできない状況に陥っている人もいると思います。相談する事により、精神的にも楽にはなりますが、いざ弁護士に相談をするといっても相談料などが気になりますよね。

 

イラスト

無料で弁護士に相談したいのですが、可能ですか?
法テラスという日本司法支援センターというところがあります。こちらは公的な法人で経済的に余裕がない人を対象に弁護士や司法書士にかかる費用を立て替えてくれるところです。

弁護士事務所でも無料相談を行っているところもあります。出張で相談をしてくれるところもあるので遠方の方でも安心です。

 

イラスト

正直なところ、借金を返済するのが苦しいです
債務整理(任意整理、民事再生、自己破産)をする事によって気持ちが楽になります。

そして、これまで借金返済を見直すと「過払い金」といって、払いすぎたお金が返ってくるかもしれません。つまり元金の返済に必要だった借金が減額されるという事です。

 

イラスト

消費者金融などでの契約書を紛失してしまいました
過払い金が発生する人の場合は、5年位の取引をしている計算になるので契約書や明細書を紛失しているケースが多いのです。

そのような場合に業者側は過去の取引履歴を開示しなければならないという法律的な義務があります。

しかし、できる限りは契約書があればいいのですが、初回に借り入れをした時期はとても重要になるので当時の事を思い出しましょう。

最近では違法な業者と組んで、悪事をはたらく悪徳弁護士が残念ながら存在しています。

相談するにあたり、慎重に選ぶ事をおすすめします。テレビやラジオなどで知名度のあるところなら安心です。

女性借金相談

借金が返済できなくなった
最近では男性だけではなく女性でも借金を作り、日々の生活において借金をしているとう感覚が麻痺してしまい、結局は支払えなくなってしまうケースが増加しているようです。女性の場合は見栄をはる傾向が強い為に問題が大きくなってしまいます。女性の社会進出に伴い、近年では約4割の女性が借金に関する悩みを抱えています。

 

  家族にバレないように相談できるところがあればいいのに・・・

 

督促の電話がかってきたり、宝石や毛皮などを購入してローンが支払えなくなったりなど、人によって借金の目的は様々です。しかし、このまま放置するわけにはいかないのです。では、どうすればいいのでしょうか?方法としては「債務整理」というものがあります。
 債務整理には4つの方法があります。

「任意整理、特定調停、個人再生、自己破産」があるのですが、どれを選択するのかは借金の状況によって変化します。自分で解決をするのもいいのですが、個人で手続きをする場合の解決策は難しいかもしれません。

弁護士会や法テラスなどで、専門の人を紹介してもらう事も方法の一つです。相談料の事を気にする人も多いと思いますが、無料で相談しているところもあるのでインターネットなどで検索してみるのもいいかもしれません。

借金取り立て警察

借金取り立て警察に相談

例えば闇金などでお金を借りた場合には想像もつかないような悪質な取り立てを受ける事があります。借金をして返済ができなくなってしまうと、どこにいても落ち着かなくなってしまう事でしょう。取り立てがくるのではないかと、怯えながら生活をしなければいけなくなってしまいます。借金を返済しようという意志があるとしても返済のお金がなければ、どうする事もできません。

あまりにも耐えきれずに苦しんだ挙句、警察に相談をしようか迷うところですが、もし取り立て自体に問題がない場合と判断されてしまえば警察に相談をしても民事不介入があるために力にはなってくれません。警察に相談する事は意味がない事ではありませんが、法律に反した悪質な取り立てならば動いてくれます。

 

 専門的なアドバイスを受けられる、司法書士や弁護士に相談する方法もあります。

個人の力では解決ができず、借金問題を抱え苦しんでいるのであれば最近では無料相談を行っている法律相談所もあるので今後どのような計画を立てて解決をしたいのか考えてみるのもいいですよ。

また、依頼をする事によって業者に対して任意通知という方法で取り立てや督促をストップさせられるのです。

日々の生活を送る上での大きなストレスから解消されるので精神的に楽になれるはずです。

 

簡単審査

簡単審査には裏があるかもしれません

キャッシングやカードローンの審査は簡単で甘い方が借りやすくて好都合だと思う人もいるかもしれませんが、そこには悪徳業者もいる場合が多いので注意が必要です。法外利息で融資をし、少しでも返済が遅れると、脅しのかかった取り立てをする業者が未だに存在するのです。銀行は低金利ですが、その分審査が厳しいです。一方で消費者金融は金利が高めですが、銀行と提携している大手は安心できるのですが、闇金まがいのところもあるので注意が必要です。しかし、大手の銀行や消費者金融で審査に通らずに、やむを得ず審査が甘いという言葉に飛びつき、後々苦しむようになる人が後をたちません。

 

貸金業法(総量規制など)の改正によって複数社からの借入がある人は改正前よりもお金を借りる事が難しくなっています。もし、「これは、どう考えてもおかしい」と思うような所で契約をしているのなら、法律の専門知識のある機関に相談するのもいいかもしれません。

 

悪徳業者のいいなりにならない事
現在被害にあっているのなら、焦らない事です。相手の言われるがままにお金を支払う必要もないし、もちろん逃げる必要もありません。専門家に相談をする事で今までに自宅や勤務先にまで取り立てにきていたのなら、それをストップする事ができます。それにより精神的にも楽になりますよ。

 

 登録番号の提示があるからといって安心はできません。

貸金業者を行う場合には、国や都道府県知事に登録の申請をして認可されなければ営業はできないのですが、悪徳業者の中には何回も名前を変更して登録と抹消を繰り返し、架空の登録番号を提示しているところがあります。

金融庁のホームページで正規登録業者であるかを確認する事ができます。

 

闇金相談救済経験豊富

 一般的に闇金とは、知名度のある消費者金融等でお金を借りる事が出来なくなった多重債務者や破産手続きをした人に対して法で定められている金利をはるかに超える高金利で貸付をする金融庁に登録をしていない貸金業者の事で架空請求や闇金の法外な金利で脅しのかかった取り立てが社会問題となっているのです。闇金から脅迫を受けたり、執拗な電話攻撃があった場合でも怯える事はありません。

 

悩みを解決できるところがあります
よくCMで見かける法律事務所で解決する事ができるのですが、闇金問題に力を入れているところがいいと思います。殆どのところは相談は無料となっていてメールでも相談が可能です。

法律事務所によっては異なるのですが、闇金問題はもちろんの事、借金問題も含めると約5,000件を超える程、解決をしているところもあり、実績があるのです。

そして満足度も高いので沢山の人が苦しみから救済されています。依頼をすると今までの取り立てが嘘のように止まります。

相談に関しては無料でも後々の費用が気になると思います。法律事務所によっては後払いや分割での支払いにも応じてくれるので諦める事はありません。

 

 ネットで検索をすると専門の法律事務所が沢山出てきます。一人で悩むよりは行動に移す事が大切です。

闇金の問題を専門的に扱っているところは、同じような悩みを抱えた人を救済してきたプロですので力になってくれる事でしょう。

 

審査甘い金融機関

審査の甘い金融機関なんて本当にある??
審査の甘い金融機関が存在するという事がサイトなどで見かけますが、そこは高金利で違法な貸付をする悪徳消費者金融がまぎれ込んでいる可能性もあるのです。ですから、審査が甘いと謳っていても安易に信用しない事です。

審査がなくて、誰でも借り入れができるとか、返済時の振込口座が個人名義になっているなどの業者は、まずは疑ってみる事です。

 

 もしも審査が甘いというだけの理由で、審査に通り、予想通りのお金を借りる事ができたとしても、現在、返済に困っているとするのならば解決法はあります。

弁護士や司法書士などの専門家に相談するのも一つの方法です。「債務整理」という方法があるのですが、業者側と法律を通して交渉するものです。

利息制限法という法律があるのですが、その上限を超えていれば過払い金という扱いになり、お金が戻ってくるかもしれません。

そして、専門家に依頼をする事により今までに遅延していた為に督促状や電話がかかってきていた取り立ても止まります。

 

無料法律相談電話

支払期日に間に合いそうもない時

支払期日に間に合わず、入金できそうもないのなら、当日ではなく1日か2日前には電話で伝えなければなりません。勇気がないからといって、そのままにしている人が意外といるのですが、放置しておくと後々面倒な事になりかねないのです。どうにかなると思っていてはダメなのです。

 

無料で弁護士に相談できるところは、電話以外にどういうところがありますか?
最寄りの市役所で弁護士による無料法律相談を行っていますが、事前に電話での予約が必要で人数に制限があり、日にちを指定する事はできません。

 

仕事が忙しくて、代理の人に相談へ行ってもらいたいのですが・・・
はい、大丈夫です。ただし、事案の内容を的確に把握するためにも、なるべくなら本人さんが相談にくる事が望ましいです。どちらにしても最終的には改めて本人さんにお越しいただかなければならないです。

 

真剣に弁護士に依頼したい気持ちはあるのですが、どうしても費用を用意する事が難しいです
個々の事情によって費用の用意が難しい場合は分割で支払えるところもあります。また、弁護士費用の立て替えを行う制度もあるので法テラスなどの電話無料相談の際に聞いてみるのも一つの方法です。

 

最終的な手段として
任意整理や、ヤミ金からの取り立てなどで解決したい時は、どこに相談するのか分からないと思います。そんな時には無料電話相談の「法テラス」です。専門知識を得たオペレーターが相談内容に応じて無料で解決策を出してくれます。そして相談窓口や弁護士、司法書士の紹介を無料でサービスして貰えます。

取り立て屋

 

取り立て屋は怖くない

取り立て屋が原因で借金で苦しんで精神的に追い詰められて自殺を図ったり、毎日怯えている人もいるのですが悪質な取り立てには、それなりに立ち向かっていかなければなりません。また、脅したりするのは相手を見ての事で、殆どの人は自分が借金を遅延している為に申し訳ない気持ちになります。取り立て屋は怖くはありません。なぜなら法律に違反しているので、そこは冷静になって、取り立て屋に「法律違反な事をしていますよね?」などと対応しましょう。

 

取り立て屋から頻繁に電話がかかってきます。どうすればいいですか?自宅に来るかもしれないと思うと不安で眠れません。
違法な取り立てが問題になっていますが、平穏を害する取り立て行為を禁止した貸金業法21条に違反します。そして、自宅まで訪問する事は更に禁止規定に違反する恐れが大きいのです。このような場合は消費生活センターや専門の弁護士や司法書士に相談するのがいいかもしれません。
違法な取り立てをやめさせる方法は何かありますか?
貸金業の規制などに関する法律違反として財務省か各都道府県の指導課に相談をし、業務停止や貸金業者として登録取り消しの行政処分を求める方法もあります。あまりにもひどい時は警察に通報して、明らかに違反であるような取り立てはやめるように言ってもらいましょう。

 

悪い方向に考えない事が大切です
警察がきても、なかなか応じない悪徳業者もいるのですが、最終的には違法な取り立てをしている方が不利になるのです。立ち去るように求めても応じない場合は、不退去罪で、悪質な取り立て行為は不法行為い基づく損害賠償を求める事ができるのです。