過払い金請求プロナビ館

*匿名無料の借金減額フォームでシュミレーション*

過払い金請求プロナビ館では、過払い金が発生するケースをご紹介します。

 

1、すでに完済している
→計算残高がゼロになるので利息制限法の利率では過払い金が発生することになる。

2、取引期間が7年以上である
→約定利率による計算残高は残っていても、利息制限法ではその8割以上が過払金 が発生する結果となる。

 

当然のことですが、過払い金請求ができれば、支払債務がなくなります。
戻ってくるお金を他の支払いに充てることができます。

 

ただ、信用情報機関に事故情報として掲載されますが、過払い金請求のデメリットとしてさほど意味はないようですので、気にならない人が多いでしょう。

 

このような手続きは弁護士や司法書士といった専門家に依頼することをおすすめします。
お金のプロには法律のプロで立ち向かうほうが効率が良いと思いませんか?

 

 

まずはコチラの無料相談を利用しましょう。→コチラからどうぞ

自分の未来を借金地獄から変えるには?
たったの40秒で無料匿名減額相談することでその未来を簡単に変えるチャンスになります。

もちろん無料で、しかも住所の記載もなく匿名で。

そのような簡単に自分の未来をかえるきっかけとして利用することが出来るのがこちらのサービスになります。