個人再生法デメリット

*匿名無料の借金減額フォームでシュミレーション*

個人再生法デメリットとメリットはどんなものなのでしょうか。

 

個人再生をすると・・・

・債権者からの催促が来なくなる

・住宅ローン以外の支払が止まる

 

 

専門家に個人再生を依頼すると、すべての賃金業に対して受任通知という書面を出します。それによって賃金業者は本人に対して連絡をすることができなくなるのです

 

また、住宅ローン以外の支払がすべて止まるので苦しかった返済が楽になり、精神的負担も軽くなるでしょう。

 

個人再生は最終的な判断を裁判所にしてもらうため、弁護士に依頼すればすべてのやり取りを代理で行ってもらうことが可能です。

すべての債務整理の中でも最も専門知識が必要となってくる手続きになりますので専門家に依頼することをおすすめします。

 

 

まずは、コチラの専門家による借金無料相談でアドバイスを貰おう!

自分の未来を借金地獄から変えるには?
たったの40秒で無料匿名減額相談することでその未来を簡単に変えるチャンスになります。

もちろん無料で、しかも住所の記載もなく匿名で。

そのような簡単に自分の未来をかえるきっかけとして利用することが出来るのがこちらのサービスになります。