ギャンブル依存症

*匿名無料の借金減額フォームでシュミレーション*

ギャンブル依存症は心の病気

ギャンブルをやめたくてもなかなか止められずに、分かってはいるもののどうしてもパチンコなどの賭け事をしたくて借金をしてしまう人がいるようです。そういう人に限って、銀行や大手消費者金融でお金を借りる事ができないので闇金に走り、最終的には支払が困難になり毎日怯えるような生活をしている人もいます。1度でもギャンブルで勝ったら、その記憶が消えなくてゲーム感覚でギャンブルにのめり込んでしまうのです。

ギャンブル依存症に陥ってしまう人は次のような特徴があります。

 家庭や職場でストレスがあり、現実逃避をしたいと思うような人

 普段は真面目で若い頃から派手な遊びをした経験がない人

 一応友達はいるが上辺だけの付き合いで親友と呼べる人がいない人

 

ギャンブル依存症になると脳の機能が低下してしまうのです。その為に自分の意志ではギャンブル依存症から抜け出す事ができなくなってしまいます。

そして、依存症になると本人にととまらず、家族も巻き込んでしまうのです。

 

解決策はあります
自分はこのままではいけないと思うのなら、まずは精神科医に診てもらう事がいいかもしれません。

これは自分自身の為でもあり、家族の為でもあるので決して恥ずかしい事ではありません。また、ギャンブルをしたせいで作ってしまった借金の事も考えているのなら返済できないから放置しておくのではなく、弁護士や司法書士に相談をする方法もあります。

事務所によって様々ですが、相談料が要らないところもあります。もしも、その借金が闇金であるのならば闇金を専門的に扱っている事務所もあり、依頼をしたら自宅への取り立てはなくなります。

気持ちを楽にする為にも行動に移す事を考えるのもいいかもしれませんよ。

自分の未来を借金地獄から変えるには?
たったの40秒で無料匿名減額相談することでその未来を簡単に変えるチャンスになります。

もちろん無料で、しかも住所の記載もなく匿名で。

そのような簡単に自分の未来をかえるきっかけとして利用することが出来るのがこちらのサービスになります。